2010年06月16日

スピードラーニングジュニアの話と全米オープン

昨年末のように、毎週石川遼くんの試合があったときには、ゴルフの試合を毎日チェックしていましたが、今は毎週ではないので、チェックしていません。

はっと気がついたら、明日から全米オープンが始まります。

今回は、トム・ワトソンと、ローリー・マキロイが同じ組だそうです。

マキロイは、中日クラウンズで石川遼くんが、記録的な58という数字を出した次の日だったと思いますが、やはりすごい成績を出しました。

クエイルホロー選手権最終日に、62という数字をたたき出して、大逆転で優勝しました。

20歳ながらも、欧州ツアーでは、屈指の強豪に数えられているそうです。

トム・ワトソンも昨年の全英オープンで、最後まで粘って優勝争いのマッチプレーで二位となったすごいプレーヤーです。

60歳とはいえ、笑顔を絶やさず、きっちりプレーするすごいおじさんです。

タイガー・ウッズも参加していますし。。。

石川遼くんファンとしては、かなり心配ですよね。

まだ若いんだから、これからですよ、と、逃げちゃいますが。。。

ところで、石川遼くんが大ブレイクしたように、私は、スピードラーニングジュニアが大ブレイクすると思うんですけれども。


登校拒否の人も、公立学校も、私立学校も、中学生も、小学生も、大人になって英語をやり直す人も、英語が苦手の高校生も、幼稚園児も、みーんなスピードラーニングジュニアなら、きっと英語が話せるようになるはず!!

スピードラーニングジュニアと、小学校高学年英語必修化について、記事を書きました。





石川遼くんは、あっというまに大ブレイクしましたが、


スピードラーニングジュニアがブレイクしそうです】に、小学校高学年英語必修化の目標を調べて、スピードラーニングジュニアがふさわしいという記事を書きました。

私の予想では、スピードラーニングジュニアが大ブレイクすると思います。

開発者の新しいメッセージを聞きました。

「100日続けてみてください」と。

10日間試聴可能ということで、10日間で効果がなかったら返品可能ということになっているので、10日間聞いてだめだったわ、返品しようと、思うのが普通だと思います。。

しかし、語学というのは、少しずつでも続けると、徐々に記憶できるものだと思います。

私も100日聞いてみてくださいというメッセージには、納得です。


子供のうちに、耳を鍛えれば、かなり違います。

クラシックの音楽教育も、子供のときからやるのと、大人になってからやるのでは、だいぶ違います。

子供のときからやらなければ、バイオリンやピアノは、ある一定以上のレベルになりません。

小学校高学年英語必修化については、賛否両論ありますが、中学生になる前に、英語の音に慣れされる点は、評価していいと思います。

日本の英語教育はだめだといわれ続けていましたが、今回の小学校英語必修化が、うまくいくといいですね。

そのためには、費用も手間もかからず、簡単に導入できて、簡単に勉強できるスピードラーニングジュニアは、最適だと思います。

スピードラーニングジュニアをうまく使えば、英語の基礎的な学力を高められます。

ただ、心配なのは、英語の先生が、反対するのではないか?
ということです。

もしかすると、英語の先生が減らされてしまうと思ったりすると、反対してしまうかもしれません。

小学校では、どのように対応する予定なのでしょうか?


2010年06月04日

子供手当ての話

子供手当が、6月から支給されるとか。

昨年出産したばかりの知人も、楽しみにしています。

いろいろな方がおられるでしょう。

やっとこれで生活できるという人。
酒がのめるぞ、という人。
大阪府知事のようにお子様の食費になるという人。
教育費にあてるという人。
パチンコ代にする人。
お子様を連れて、ディズニーランドに行く人。
貯金する人。
などなど。

大阪府知事のように7人も子供がいると、すごい金額ですね。


うらやましいです。

子供は、たくさんいたほうが、楽しいですね。

とはいうものの、日本にいる外国人が、故国に残してきた子供にも子供手当てが支払われるそうです。
それを悪用する可能性があると報道されていましたが、ある韓国人が500人以上の子供を養子縁組して、その子供手当てを請求してきたという事件があったそうです。


すごいですね。
よくやりますよね、そんなことを。。。
韓国では、孤児が多いそうですが。。。
それにしても、ずうずうしいですね。。。

500人分の子供手当てなんて、いくらになるのでしょうか。



子供手当ての使い道として、エスプリラインのおすすめは、もちろん、スピードラーニングジュニア!!

石川遼くんも使っていた『スピードラーニング・ジュニア』は、一か月分が4515円(税込み)。
子供手当て、まだ余りますね。

英語は、小学校高学年の英語必修化が来年から始まるため、どのご家庭も心配だと思います。

スピードラーニングジュニアは、リビングルームや子供部屋でBGMのように流しておけば、自宅にいながら留学するようなもの。

英語の音になれておけば、それだけで、小学校の英語はOKなんです。

お子様のためになる子供手当ての使い道として、スピードラーニングジュニアはおすすめです。




2008年12月28日

小学校英語教育必修化は本当?

ネットで英語教育専門のサイトがあって、見ていたら、小学校の英語必修化の記事がありました。

なんと、小学校5、6年生では、2011年から英語が必修になるのだそうです。

今、小学校の教育費は、ばかになりません。
中学受験をめざして塾通いしている小学生は、かなりプレッシャーをかかえています。
さらに英語なんて、無理、と思うかもしれません。

さらに、中学校では、英語の授業自体を英語でしなければいけなくなるというニュースも見ました。
私立学校の教師たちが、勉強会をしているという場面が映っていました。

世の中景気が悪いのに、お金がかかる話は嫌ですね。

私がおすすめする安くて簡単な勉強法は、エスプリラインの教材を使った方法です。

まず、
ピクチャーディクショナリー


で、遊びながら英語の言葉を耳で覚えてしまうのがいいと思います。

辞書を引いて勉強するのは、時間もかかるし、辞書の詳しい情報を理解できるのは、かなり先になってからです。
だから、最初は、発音を聞きながら、単語を知るのがベストだと思います。

全部はわからなくても、少しでも耳に残っていれば、この言葉聴いたことがあるというわけで、勉強が楽になります。

もっと勉強させたいと思う場合は、
スピードラーニングジュニアコース


がおすすめ。

英語は反復練習が必要ですが、英語の塾は行けばいくほどお金がかかります。
エスプリラインのスピードラーニングなら、いくら聞いても、
かかるお金は同じです。

しかも、お子様が二人以上いれば、教材を何度も使えます。

辞書を引かなくても、英語が理解できて、覚えられます。

注意することはただ一つ、一度に多くの内容を聞かせないほうがいいと思います。
最初は、同じ内容をしっかり覚えるまで、繰り返して耳を慣らせば、楽勝です。




posted by mimichan at 14:36| Comment(0) | スピードラーニングジュニア英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

お子様の英語学習方法

もうすぐ新学期ですね。

英語の授業は、つまらないと評判なので、予備校に学校で授業をしてもらうという制度が東京のある学校で始まりました。

かなり問題になって、インターネットでも取り上げられていました。

そりゃそうだろ、といってはおしまいですが。

落ちこぼれないように、塾へいかせなくちゃと、教育費は、増加するばかりです。

スピードラーニングに、ジュニア英語が登場しました。
これで、お子様の英語はばっちり!!












単語力増強には、ゲームもあります。









×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。