2012年01月13日

AEIで一番読まれている記事

ユーロ問題は、どうなるのでしょうか。

アメリカの保守系シンクタンクAEIが、おもしろい記事を掲載しています。
一番読まれている記事だそうです。

ちょっとだけ、日本語にしてみました。

時間がないので、若干適当ですが、なるほど、そういう見方もある、と思います。

アメリカは、かなり、冷静ですね。


The euro is in trouble, and one needn't have looked any further than the regime shakeups of 2011 for proof: both Greece and Italy lost prime ministers over the fury of the economic crisis. How did Europe's debt crisis so bad? John Makin had some answers in a December Economic Outlook, and studied where the real crisis lies:
ユーロが困難な状況にあることは、2011年の大改革を見るまでもなく明らかだ。ギリシャとイタリアは、経済危機悪化のために、首相が辞任した。ヨーロッパの債務危機は、なぜそれほどに深刻なのか? ジョン・メーキンが、12月の経済展望の中で、若干の答えを提示し、真の危機がどこにあるか分析した。


The rise in interest rates on Italian, French, and Spanish bonds has coincided with a drop in the market value of trillions of dollars’ worth of those bonds held largely by European households and thinly capitalized European banks. As a result, the stock prices of European banks have dropped sharply, while borrowing costs in the interbank market, where banks borrow and lend overnight, have risen sharply. The rising uncertainty about the liquidity and solvency of Europe’s banks has slowed down growth in much of Europe, including Germany, which only increases the difficulty of managing growing debt burdens. Beyond that, since European governments would be called upon to underwrite losses by their banks, fears about bank solvency have further elevated government borrowing costs.

イタリア、フランス、スペインの国債の金利が上昇して、欧州の一般家庭と脆弱な資本基盤しかない欧州金融機関が保有する資産の時価は、何兆ドルもの損失を被った。その結果、欧州の金融機関の株価は、急落し、銀行間のオーバーナイト取引の借り入れコストは急騰した。欧州金融機関の現金支払い能力に関する不安が高まったことにより、ドイツを含む欧州全般で、経済成長率が減速した。そのため、債務負担増大についての対応は、更に困難になった。加えて、欧州政府は、金融機関の損失の負担を要求されると見られることから、金融機関の支払い能力に関する疑念が高まったため、政府の借り入れコストは更に上昇することになった。


MORE: Desmond Lachman asks if the euro was a mistake to begin with

SPECIAL TOPIC: AEI's comprehensive coverage of the eurozone crisis



GETTING WORSE

Desmond Lachman testified before the House Committee on Oversight and Government Reform that "there has been a marked intensification of the European debt crisis that could have major implications for the United States economy in 2012":

デズモンド・ラックマンは、下院監視・政府改革委員会で証言した。
「欧州債務危機悪化により、アメリカ経済は2012年大打撃を受けるだろう」



The Greek economy now appears to be in freefall as indicated by a 12 percent contraction in real GDP over the past two years and an increase in its unemployment rate to 18 ? percent. Greek banks are now rapidly losing deposits. This makes a substantial write-down (of perhaps as much as 75 cents on the dollar) in Greece's US $450 billion sovereign debt highly probable within the next few months. Such a default would constitute the largest sovereign debt default on record and would almost certainly accentuate the contagion that is already in evidence in the European periphery.

ギリシャ経済は、過去2年間の実質GDPが12パーセント収縮していることからわかるように、急降下している。失業率は、18パーセントに上昇した。ギリシャの銀行預金は急減している。その結果、1、2ヶ月の間に、4500億ドルの国債を、(おそらくドルベースで75パーセント)大幅に償却しなければならなくなるだろう。このような国家債務不履行は、過去最大であり、すでに明らかになっているEU周辺国への波及を加速させるものとなるだろう。


This Lachman testimony from January basically laid the contours of the entire year’s worth of discussion on the euro crisis. This piece foreshadowed the discussions that are now taking place about enhancing the role of the ECB in supporting sovereign borrowing.

ラックマンのこの1月の議会証言は、基本的に今年全般のユーロ危機の基調となるものだ。国家債務問題サポートについて、ECBの果たす役割に関する議論を暗示している。



SHADOW

The Shadow Financial Regulatory Committee is a group of publicly recognized independent experts on the financial services industry?including banking, insurance and securities?who meet regularly to study and critique regulatory policies affecting this sector of the economy. This year, committee members added the latest financial regulation issues related to the continuing European crisis to the agenda.


影の金融規制委員会は、銀行、保険会社、証券会社などの金融サービスに関する公的に認められた独立の専門家グループで、定期的に会合を開いて、この方面の事案に関する規制案を検討している。本年は、委員会メンバーは、欧州危機に関する最新の金融規制問題を議題に加えた。
posted by mimichan at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧米経済時事ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。