2011年01月14日

翻訳の参考書リストにあった本をご紹介します

先日、翻訳の先生が、推薦してくれた本が出てきました。

まったく読んでません。

確かにいいこと書いてあるなあ、と思いますが。。。

DSCF3695.JPG

目次です。

DSCF3694.JPG

岡地栄さんの「和英てにをは辞典」の目次。
まったく読んでません。


DSCF3700.JPG

この柳父章さんの本を読むと、翻訳ってこういうものなのか、と思います。
一応読みましたが、あまり記憶に残ってません。
かなり、読みづらいです。


DSCF3722.JPG

目次です。

DSCF3723.JPG

DSCF3725.JPG

DSCF3726.JPG

翻訳の仕事をするとしたら、読まなくちゃならない本ですが。。。

これらを読んでも、TOEICの点数は、あがりませんし、英会話もうまくなりません。

でも、たくさん英文を読んで書けば、翻訳もできるかもしれません。

外国で暮らしたりすれば、さらにうまくなるでしょう。

浴びるように、読んで聞く、それだけが、英語が上達する方法だと、先生は、結論していました。

文法書は、役に立たないし、古いタイプの英文和訳の知識は、害あって益なし、なんです。。。

関係代名詞でつながれた長い文の訳が特に危ないですね。

普通に読むときは、英文解釈の方法では読みません。

外国人も、日本人も、英文を読むときは、順に読んでいくわけですが、大学受験などの英文解釈では逆戻りしなくちゃならないような順番で教わりました。

浴びるように英文を読んで聞くのが、一番いいそうです。

英語の歌などを聞くのもいいみたいです。

初心者も、プロも同じですね。

初心者は、英語だけ聞いても分からないので、日本語が順番に聞こえてくるエスプリラインの方法が、ストレスなく聞けると思います。

古い英語教育では、中学校から大学まで英語を勉強しているのに、なぜ英語ができないんだ、なんていわれてました。

そんな勉強方法は、困りますが。。。

エスプリラインのスピードラーニングをとりいれた中学校では、驚くような結果が出ているそうです。

小学校の英語必修化に、どのように対応するかで、お子様の英語能力が違ってきます。

先日、新聞のニュース記事で見たのですが、幼児英語塾として、生徒を集めていたのに、先生は、あやしげな英語を話すアジア系だったとか。。。

アジア系の人の英語はピジョンイングリッシュと言って、かなり発音などが変ですが、堂々と話しているので、何とか通じたりするようですけれども、先生にするには、ちょっと無理ですね。

只今半額キャンペーン中のスピードラーニングで、お子様に確実な英語のヒアリング力をつけてさしあげてはいかがでしょうか。

大人の方でも、ちょっと自信ないな、というお母様などの場合は、お子様と一緒に、スピードラーニングジュニアで始めたりすると、いいかも。。


半額キャンペーンは、『スピードラーニング英語』、スピードラーニングジュニアのほか、『スピードラーニング韓国語』『スピードラーニング中国語』『スピードラーニング フランス語』で、
1月31日まで実施中。


スピードラーニングジュニアはこちらからどうぞ。









浴びるように英語を読み書きすると、最初書いてしまいましたが、浴びるように読んで聞くの間違いです。
posted by mimichan at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。