2010年03月11日

中国語ってこんなに簡単だったの!!

リサイクル英中会話をレビュー用にお借りして、CDを聞いてます。

本がすばらしいんです。


100308_2326_02.jpg

とてもコンパクトにまとまっていて、本を見ながら、CDを聞くと、楽勝!!
2ヶ月なんていわずに、集中して勉強しちゃえば、記憶力のいい若い人なら1週間でも中国語がぺらぺらになると思います。

こんなに簡単だったんだ!!
というのが第一印象。

詳細なレビューはまた今度きっちり書きますが、このリサイクル英中会話のすごいところは、まず、母音が6つしかないこと。

中国語の教科書や参考書、放送大学など、どこでも、母音は、9個だったか11個だったか忘れましたが、すごい数が並んでいて、それを見るだけで、やる気をなくしていました。

英語でちょっと増えただけでも、かなりショックでしたが、中国語は、もっと多くて、しかもわけかわらない母音ばかりならんでいて、そこですでに挫折しちゃいます。

しかし、このリサイクル英中会話は、台湾の大学に留学した作者の野口氏が考案した独自の方法で書かれています。

それを元に、エスプリラインのスタッフが協力して、作り上げたのがこの教材です。
野口氏が最初に出版した本に、読者の反響や経験をプラスアルファーして、改良した内容に、CDが加わりました。


母音のほかにすごいのは、使ってある漢字です。

中国語には、繁体字と簡体字がありますが、繁体字は、画数が多すぎて面倒だし、簡体字は省略しすぎで意味不明。

それの中間を取って、できるだけ日本語の漢字を使って、中国語を表現してあります。
(基礎編のみですが)

これを見ながら、CDの音を聞いていると、意味がよくわかります。

中国語と日本語で、同じ意味の言葉、まったく違う意味の言葉などがあることもわかりました。



四声がよくわからなかったのですが、同じマという発音でも、四声のどの音程かによって、違う意味になるということがわかりました。

上海万国博覧会が5月にあるそうですが、もし行く人は、今からリサイクル英中会話を勉強すれば、十分間に合います。

中国では値切るのが当たり前だそうですから、中国語を話すことができれば、買い物にも役立つと思います。

やはり、発音はいくら本を読んでもわかりません。
耳で聞いて覚えるのが一番。

このリサイクル英中会話は、単語編と会話編に分かれているので、単語をじっくり聞いて覚えられるように、分解して、中国語と日本語を順に録音してあります。

とてもわかりやすいです。

100304_1555_01.jpg


会話のCDは、中国語、英語、日本語の順に録音してあります。

中国語の次に英語が聞こえると、何だ、そういう意味かとぴったりするのが不思議。

語順が同じなんですね。

100304_1554_02.jpg


詳細な説明も入っているので、辞書を調べなくても、かなりの言葉の意味がわかります。

100308_2324_04.jpg

基礎編と旅行編があって、それぞれ、単語のCDと会話のCDがあります。
これだけで、一通りの中国語がわかるようになります。

本当に楽チンです。

ま、私の場合は、スピードラーニング中国語で耳がかなり慣れているので、早いのかもしれませんが。


時間があるときは、スピードラーニング中国語とリサイクル英中会話のあわせ技がおすすめです。

私みたいな怠け者でも、楽しく勉強できちゃいます。

つらくない、誰でもできる中国語勉強方法です。

これは、絶対にすごいと思います。

何しろ、基礎編と旅行編で、二冊の本と、単語編が4枚のCD、会話編が2枚のCDだけ勉強すればOKというのが、うれしいですね。

カラー刷りで見やすくて、面白い小話などもあって、楽しく読めます。
CDは、単語編も会話編も、最初はゆっくり、次は通常スピードで録音されているので、聞き取りやすいです。
最初に単語編を聞いておくと、楽です。

会話文を、助詞にいたるまで、ばらばらにして、中国語と日本語で録音してあります。

これだけすばらしい中国語教材が、たった2万円で購入できちゃいます。
今まで挫折した方、あっと驚くような効果があると思います。

リサイクル英中会話、おすすめです。


リサイクル英中会話の感想は、きっとこんな感じ⇒

「 えっ、知らなかった。小学校で習った漢字で中国語をマスターできちゃうの?

このセットが、たった2万円(9870円X2)です!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。