2008年10月21日

英語の勉強法

エスプリラインのバナーに、勉強しないと誓える方、ここをクリックしてください、というのがありますが。。。
かなり、大胆だなあ、と思いました。

でも。。
私はというと、中学高校時代、自慢じゃないけど、辞書はほとんど引きませんでした。

エスプリラインの基準で合格かも?!


授業は、教科書を、一行おきに、写しておいて、先生のコメントを書き込むだけ、というのが、いつもの勉強方法でした。


ところが、職場で、翻訳をするはめになり、やむを得ず、辞書を引きまくりました。

そのころ、使っていた辞書は、ジーニアスでした。


以前の記事に書いた、翻訳家の先生も、学習用には、ジーニアスがいいとおっしゃっていました。
しかし、翻訳の仕事をするには、ジーニアスではだめで、ランダムハウス大辞典や、リーダースプラスくらいは、最低限必要とのことでした。

とはいうものの、辞書一般については、否定的でした。
つまり、単語一つをとりだして、意味を考えてもだめだとおっしゃっていました。

そして、一般的な単語や言葉についても、あるサイト上の、試験的に作った一般語の用例辞書作成に協力しておられます。


ただ、一般語についての用例辞書を作る資格は、自分にはないとおっしゃっていましたが。。。。

用例中心に英語を考えるべきだ、つまり、実際の英語にある使い方を、集めなければ、いけない。。。

日本人が頭の中で考えた英語は、変な場合がある。。。

そういうことをおっしゃっておられたと思います。

そのように考えると、翻訳や、英語の解釈が、楽になります。

さまざまな動詞句や、副詞句などがありますが、なぜこういう結びつきをして、こういう意味になるのか、などと考えると、深い森に入ったように、わからなくなります。

動詞と前置詞の結びつきによって、やさしい言葉だったはずの、goとか、comeとか、takeとか、基本的な動詞が、いろいろな意味を持つわけです。

もちろん、翻訳するときには、調べまくり、悩みまくりますが。。。

用例辞書があると、楽です。

たとえば、英辞郎などが、大変役に立ちますが。。。

なぜか、などと考えずに、用例として考えて、耳に慣れ、目に慣れていけば、英語ができるようになるわけです。


世の中には、いろいろな本があって、英語辞書を批判する本とか、英語の文型、つまり、5文型を批判するものがあります。
ちらっと読んだりしましたが、本当にいろいろな考え方があるものですね。

それぞれ一理あるのでしょう。

言葉というものは、長い歴史があります。

英語は、ラテン語や、ドイツ語から影響を受けているわけで、語源を考えると、さまざまなストーリーがあったりします。
研究するのは、それなりに面白いけれども、それらの文法的な理屈は、多様で、歴史的な変遷もあって、非常に複雑です。

だから、英語を学習するとき、あまり考え込まないほうがいいように思います。

先生のおっしゃっていた用例中心主義を、忠実に再現できたかどうかわかりませんが、私は、このような方法で、考えるようにしています。



スピードラーニング英語


は、このような用例中心主義にふさわしい学習方法だと思います。

posted by mimichan at 15:44| Comment(0) | 翻訳の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。