2012年07月28日

オリンピック開会式

イギリスで3度目のオリンピックだそうで、最近、いろいろな話題が、BSで放送されていました。
イギリスの城の物語や、エリザベス女王の秘密のお財布の物語など。

エリザベス女王は、ロンドンだったと思いますが、不動産の半分以上を持っていて、そこの賃貸収入などを得ているのだそうです。

また、スコットランドだったと思いますが。海岸線も所有しているので、そこの沖に、風力発電を設置したとか。
うろ覚えなので、間違えているかもしれませんが、大地主がまとまって持っていれば、再開発も話が速いみたいですね。

そして、ダイアナ妃の事件以降、王室批判が激しくなって、税金を納めることになったそうですが、それでも莫大な資産を持っているらしいです。
最近は、王室のイメージ向上のため、アドバイザーの意見で、イメージアップをするための戦略を実施しているとか。

イギリス王室は、過去にいろいろなことがありました。

スコットランドのメアリ女王の物語を、エジンバラ城の番組で放送していました。

そのような歴史を知ってみると、びっくりですね。

映画「ブレイブストーリー」は、かなりショッキングでした。

実際は、スコットランドって、「ブレイブストーリー」に出てくるほど、野蛮ではなかったらしいですけれども。

テレビが、オリンピックばかりになってます。

実は、それどころじゃないだろう、と思うのですが。

ヨーロッパ経済危機は、スペインに飛び火しつつあります。


EUROPE2020には、恐ろしい記事がありました。

レッドアラート、つまり、9月から10月に赤信号だと。

ジェリコのトランペットがなると、ジェリコの壁が崩れたのだそうです。

日本も、中国も、アメリカも、ヨーロッパも安泰なところはどこにもありません。
どうなるのでしょうか?

華やかなオリンピックの開会式を見ると、そのギャップを感じてしまいます。



posted by mimichan at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語に関する話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。