2012年04月26日

スピードラーニングを始めた「米倉涼子」さん

米倉涼子さんが、スピードラーニングを始めたとか。
アメリカのミュージカルの主役に決まったため、急きょ英語の勉強をしなくてはならないそうです。

Chicagoというミュージカルの主役なのだそうですが、アメリカで主役に抜擢されるのはかなり大変なはず。
以前、アメリカでミュージカルの役をもらいたくて、英語の勉強をしている人の話を聞きました。
日本人は、日本語なまりの英語なので、なかなか役がもらえなくて、発音のトレーナーについて、必死に努力したけれども、駄目だったというような話でした。

それなのに、米倉涼子さんは、突然主役をもらっちゃうのでしょうか?
すごいですね。
ラッキーというか、米倉涼子さんの美貌ゆえでしょうか。。

エスプリライン社がスポンサーになって、バックアップしてくれるらしいです。
米倉涼子さんが、スピードラーニングのコマーシャルに登場するとか。
ちょっとだけ見ました。

美人ですね、さすが。。。
あのような美人が聞いていると、すごくかっこいいですね。。

真似したくなりそう。
無理ですが。。

石川遼君のコマーシャルも続くそうですが、米倉涼子さんが加わって、美男美女ですね。

ミュージカルの主役として、忙しい米倉涼子さんの場合、やはりスピードラーニングで、耳からトレーニングするのが、一番はやくて確実でしょう。

米倉涼子さんのミュージカル、ヒットするといいですね。


石川遼君も、アメリカのシード権獲得を目指して、5月下旬からアメリカで一か月以上滞在し、連続5試合に参加するそうです。

もうアメリカ生活にすっかりなじんでいるみたいですね。

アメリカで、楽に生活できるのも、語学力あればこそですね。

日本でのトーナメントも、まだ優勝はしてませんが、予選落ちせずに、途中からバーディ連発などがあって、以前よりも、レベルアップしているようです。

アメリカでどのような活躍を見せてくれるのでしょうか?



posted by mimichan at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スピードラーニング英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

マスターズ終わりました

石川遼君は、予選オチで残念でしたが、そうそうたるメンバーが、そろって予選オチしていたりしてました。

キム・キョンテは、すれすれでcutという何とも残念なポジション。

タイガー・ウッズは、アーノルド・パーマーで復活かと、思われてましたが、ひどいミスショットに怒って、当たり散らしたという記事があって、びっくりしました。

今回、石川遼君が、嬉しそうだったわけがわかりました。

三月中に婚約して、スポンサーにも了承を得ていたとのことでした。

にこにこするわけですよね。

ところで、マスターズの最終日、アルバトロスという言葉が出てきて、何だろうと思って調べてみたところ、これは、イーグルを上回るスーパーショットだそうです。

パーが0で、
バーディが−1、
イーグルが−2、
アルバトロスが−3
というわけです。
パー5のホールでのアルバトロスは、パー3のホールインワンよりも、難しいのだそうです。

その上は、コンドルというのだとか。

ウィキペディア引用


アルバトロスという名は、「アホウドリ」の英名で、アホウドリが翼と風を巧みに利用することで長距離を容易に飛ぶ鳥のひとつであることに由来している。 なお、アホウドリ自体も現在では絶滅危惧種に指定されているので、名実ともに日本では滅多にお目にかかれない。ちなみにパー5を1打、パー6を2打で入れるというアルバトロスのさらに上も存在し、コンドルと呼ばれる。

アルバトロスの達成で考えられるのはパー4の第1打目(ホールインワン)、パー5の第2打目が挙げられる。しかしそれを達成するのはパー3のホールインワンより至難の業とされている。

通常のイーグルは、パー5のホールでやりようによっては数十ヤードの位置から狙う事が可能であるため、難易度は比較的低い。パー3におけるホールインワンも、通常200ヤード弱の距離しか無いのに加えてティーショットで打てる。それに対しアルバトロスは、パー5のホールの場合でも1打目で稼げる距離にも限界があるため、2打目で200ヤード以上飛ばさなければいけない場合がほとんどであり、しかもそれをティーを使わず直接地面の上から打たなければならない。パー4のホールの場合に至っては350から400ヤードもの飛距離を求められる場合もあり、どうやっても届かない人の方が多い。



引用終わり

すごいスーパーショットなんですね。


B・ワトソンが優勝したのですが、プレーオフの相手ウェストヘーゼンは、マスターズ史上四人目のアルバトロスを達成し、落ち着くのに数ホールかかってしまったとか。

すごいドラマチックなプレイですね。
マスターズはさすがにスケールが大きいと言うか、派手というか。

石川遼君は、アメリカでのシード権獲得を目指すそうで、日本でのプレイは減るかもしれませんが、若い内にアメリカで鍛えられる方が、いいかもしれません。

世界のプロゴルファーは、愛妻家が多く、日本でも優勝シーンで奥さんが出てきたりしますが。

結婚式も楽しみですね。

芸能人並みになったりして。

でも派手な結婚式を挙げた芸能人は、あっけなく離婚したりしているけれども、結婚式納氏の松嶋菜々子は、仲良く結婚生活を続けています。

派手な結婚式をあげると幸せな結婚生活を送れないのかな、と思いますが、海老蔵夫妻は仲良くしているみたいですね。

やっぱり二人の気持ちが一番大事かな??
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。