2011年12月31日

越王勾践と朱元璋

中国ドラマ「朱元璋」と「燃ゆる呉越」を見ていると、ずいぶんと違いを感じる。

明の朱元璋は、成り上がりで、越王勾践は、王となるべくしてなった。

朱元璋の部下は、賄賂をとって、うそばかりついて、農民には苛斂誅求な要求をするひどい人間がいたけれども、越王勾践は忠実で優秀な名将やハンレイのような知将に恵まれた。

朱元璋は14世紀の人物であり、越王勾践は紀元前5世紀の人物。

秦の始皇帝は、越王勾践よりも200年後の人物。

秦の始皇帝の墓にあった人骨を解析したところ、今の中国人とは違う人種で、ちょうど中東くらいの人のDNAだったとか。
今の中国人とは違う人種だったらしい。

朱元璋は、もちろん、今の中国人と同じ人種のはずだけれども。

ひとくくりに中国ドラマといっても、今の共産党中国と、清や明、元の時代の中国ドラマとはまったく違うわけで、そこら辺を勉強しないと、よく理解できないかもしれない。

武侠ドラマは、史実をちょっとだけネタにしていて、皇帝とかがでてきたりするので、これまた歴史の勉強が必要。

それにしても、紀元前の時代に越王勾践と呉王夫差の復讐劇があったとは。。。

越王勾践が王者の剣を手にするところから始まる「燃ゆる呉越」だけれども、それについてウィキペディアに書いてあったので、引用する。


勾践は『越王勾践剣』と呼ばれる8本の名刀を作らせ保有していたと残されている。1965年、その1本であると言われる銅剣が湖北省江陵県望山1号墓より出土した。保存状態はきわめて良好でさびが見つからなかった。原因を探るためにX線回折法で分析したところ、表面に硫化銅の皮膜で覆ってあったといわれている[4]。なお、夫差の矛も同じ湖北省で見つかっている。



越王勾践は、娘を呉王夫差の妃にしていたけれども、西施に心を奪われた夫差は、越王勾践の娘を追い出してしまう。

そのきっかけは、西施が懐妊したのに、越王勾践の娘が毒を飲ませて、流産させたからだそうで、殺すところを、西施の頼みで、命は奪わないことにしたけれども、越王勾践の娘がいっそ殺してくださいと言ったことから、死ぬよりつらい目にあわせてやるといって、目をつぶしてしまう。

すごい話ばかりだけれども、2000年以上伝承されてきた話だから、かなり脚色されているのだろう。

どのくらい事実だろうか。

運河を掘らせたというのは、本当だろうか。

明の朱元璋の時代は、越王勾践よりもずっと後だけれども、14世紀。

元が長い間中国を支配していた時代で、その末期に紅巾の乱というのがあって、その中で頭角を現したのが、朱元璋で、太祖や洪武帝とも呼ばれる。

徐達たちは、幼なじみだったというのがドラマの設定だけれども、実際は違うらしい。

ウィキペディア引用

1351年、白蓮教徒の集団が各地で反乱を起こし、紅巾の乱が勃発した。この大乱により皇覚寺は焼け落ちてしまった。朱元璋は自分の将来を占ってみたところ、紅巾軍に参加することが大吉であると出たため、韓林児を教祖とする東系紅巾軍の一派として濠州で挙兵していた郭子興のもとに身を投じたという。朱元璋は郭子興の下で頭角を現し、養女の馬氏を妻に貰った。これが後の馬皇后である。

朱元璋が郭子興の軍に参加した時、最初は間諜と間違われ、殺されそうになったが、面構えが郭子興に気に入られて、幕下に入ったという逸話がある。それぐらい朱元璋の人相が悪かったとも言えるだろう。朱元璋は他の造反軍がただ食料欲しさに目の前の事しか考えないのに比べ、先のことを考えた行動をとった。自分の出自を逆に活かして貧民の味方という立場を打ち出し、元軍の中の徴兵された農民達を取り込んで勢力を増していった。

この時期、のちに功臣第一となる徐達や勇猛で知られる常遇春や後の謀臣・李善長と出会った。



その明の太祖は、知識人の弾圧をおこなった。


官吏、知識人の弾圧

1381年、文字の獄と呼ばれる大弾圧を行った。「光」「禿」「僧」などの字を使っただけで、洪武帝が昔僧侶であったことをあてこすったとされて薛祥ら功臣が殺され、洪武帝が盗賊まがいのことをしていたので、「盗」の字と同音の道、「僧」と音の近い「生」の字を使った者がそれだけで殺された。

1382年には「空印事件」(「空印の案」とも)と呼ばれる官吏への残虐な懲罰を行った。当時の地方官らの間では、ある種の文書作成の手間を省くため、先に承認印だけを押した用紙(空印)を用意しておき、それを利用して報告書を作成することが常態となっていたのだが、それに気付いた洪武帝は、印の管理者を全員死刑とし、他の関係者にも厳罰を下したのである。鄭士利という地方官は、空印事件の関係者に冤罪の者が大勢いる旨を洪武帝に直訴したところ、かえって罪に処せられて労役に付かされた。

1385年には郭桓事件が起こる。これは、戸部侍郎の郭桓が不正経理を行ったとして死刑となった際、各布政使司の官吏も連座させられた事件で、殺されたものは数万にのぼったという。

文人たちは戦々恐々とし、洪武帝から離れようとしたがそれも許されず、文才のある者は官吏として半強制的に登用された。官吏を選抜するための科挙は極めて難しい試験を課され、及第するためには何年も勉強しなければならなかったが、明の時代に試験の難易度が下がり、定型文を暗記するだけでよくなった。これにより明の官吏の意識は低下し、事なかれ主義に走り、朝廷で目立つ行動を取ることを恐れるようになった。



明代は、文化が隆盛したそうだけれども。。。


中国の歴史もこうやってみると面白そう。



posted by mimichan at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

衛星劇場の韓国ドラマの最終回

衛星劇場の韓国ドラマ枠は、わかりやすい時間帯なので、必ず録画している。
今回、「強力班」「迷わないで」「シークレットガーデン」の最終回を見た。

最近、一回目を見て、途中は時々見て、最終回を見るというパターンが多い。

シナリオの勉強のときに、すすめられた方法だけれども。

「強力班」は、ソン・イルグクが殺された娘の事件を追う物語。
それだけ知っていたけれども、あまり見ていなかった。
最後はいったいどうなるのかなと思って、最終回を見た。
最終回はとても面白かった。
警察の首脳部の人間が実は、犯人だった。

それを暴くことになるわけで。。。

「迷わないで」は、肝臓病の息子を持つ臓器移植の財団の理事が、鬼のような姑を演じる。

しかし、その息子と婚約していた主人公は、肝臓を提供したのに、ひどい仕打ちを受ける。
その復讐を果たし、息子は自殺未遂までして、母親の理事も、悪行がばれ、地位をはく奪される。

このどろどろがさすが韓国ドラマなのだそうだ。
息子になんどか臓器移植をさせようとする母親の姿がすごかった。

しかし、ラストはあっけないハッピーエンド。
がっかりした。

「シークレットガーデン」は、キル・ライム役のハ・ジオンと、財閥の息子役のヒョンビンがおもしろかった。

ヒョンビンとハ・ジオンは、魂が入れ替わってしまうというストーリー。

ヒョンビンがおカマっぽくふるまうので、おかしかった。
ハ・ジオンはスタントウーマンなのだそうだけれども。
最後は、不思議な展開で、なるほどと思いながらも、ロマンチックな設定でおもしろかった。

posted by mimichan at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

スピードラーニング中国語をひさしぶりに聞いてみた

以前聞いていた「スピードラーニング中国語」は、今でも、ポータブルオーディオプレーヤーに入っています。

しばらくぶりに先日聞いてみました。

PB300221.JPG


詳細は⇒【聞き流すだけ!】スピードラーニング中国語




リサイクル英中会話で、中国語の初歩がわかるようになったせいか、以前よりも聞き取れるようになってました。


「中国の伝統行事」の巻は、季節の単語が多いので、日本語と比較しやすく、わかりやすかったです。
こういうことを言ってたんだ、と、わかってきました。

今回おもしろかったのが、中国の「あけましておめでとう」です。
「新年ハウ」(シンニェンハウ)です。

「ニーハウ」は「こんにちは」の意味ですが。

ハウをつけると、いいみたい。。。


聞き始めたころは、中国語の音に慣れるだけで、せいいっぱいでした。

耳に残らないし、聞き取れない日が続きました。

聞いても無駄かもしれないと思うほど、長い時間、ただ聞いているだけでした。

それでも聞き続けたのは、私が、無精者だったからです。

面倒なことは嫌い!!
辞書を引いたり、難しい文法書などは、読みたくない。

中学校から始まった英語の勉強でも、辞書を引かず、教科書を一行おきに書き写しておくだけの勉強方法。
それでも、先生の言ったことをメモしておけば、テストでは楽勝でした。

大学でドイツ語を学習した時も、ほとんど何もせず。

フランス語のICEのテープを聞き始めたときも、学校へ通うのは面倒なので、聞くだけでした。

それでも、フランス語のほうがまだ聞き取りやすかったです。

中国語は、まったく聞き取れない状態が、長く続きました。

2ヶ月くらいしたころ、部分的に耳に残り始めました。

そんな程度の勉強でした。

文章がどんどん長くなるので、聞き取るのは一苦労でした。
リサイクル英中会話
を聞き、中国語への理解が飛躍的に進みました。

さらに、放送大学の中国語入門を見たりした結果、中国語は意外にシンプルな構造だと分かって、簡単かも、と思い、少しずつ文法も勉強しました。


現在は、スピードラーニング韓国語を聞き始めたので、中国語はちょっとお休み中です。


久しぶりに中国語を聞くと、韓国語よりも簡単かもしれないと思います。

韓国語は、活用とかもあるそうで。。。。。

いつも、できるだけ楽なほうを選ぼうとする怠け者の私です。。






2011年12月17日

ユーロと英国

エコノミストの記事に、おもしろいものがあった。

タイトルを見るだけで、何だろうと思う。

Britain and the EU
The euro: not the Titanic, but Chernobyl

Dec 12th 2011, 19:28 by Bagehot

このBagehotという人は、英国の国内問題について、コラムを書いている。
どういう人か知らないけれども、ずっと昔から、書いている。
同一人物だろうか?

引き継いでいるのだろうか?
編集長だろうか?

ユーロは、タイタニックではなく、チェルノブイリだと。

言いたいことは、なんとなくわかる。

沈むユーロではなく、核汚染物質をまき散らしたチェルノブイリだというのは、かなり強烈ないやみだ。

英国は、ユーロに入ることを拒んできた。

ポンドは、ユーロに入っていない。

大英帝国の遺産を受け継ぐロンドン金融市場は、ユーロに入るわけがないだろう。

最後の文章をみると、言いたいことが大体分かる。

I think that the Titanic is a misleading analogy. Once the Titanic sank beneath the icy waves, it effectively ceased to exist. If the euro blows up, the consequences will be horrible and long-lasting.

I have a new analogy to propose. I think the British government should think of the euro as the Chernobyl nuclear complex. They think it was badly designed, and thus was always a bad idea. They are very glad not to have it on British soil. But they also understand Britain's interest in helping to fix it. Or if that is impossible, undertaking heroic efforts to contain and limit the continent-wide fallout.

「タイタニックなら、沈んで存在しなくなるが、ユーロがもし破綻すれば、恐ろしい、長期の災厄となる。

チェルノブイリにたとえるのがいいだろう」

というわけ。
「英国に導入されなかったことは、非常に幸いだ。ユーロ問題を解決するために援助するのは、英国の利益にかなうけれども、もしユーロが破綻するとしても、沈静化させ、ヨーロッパ大陸への影響範囲を狭めるように努力するのが、英国の利益になるだろう」

なるほど。
確かに、チェルノブイリですかね。。。

今後、放射能のように、ユーロ破綻の後遺症が、降り積もっていくとしたら、恐ろしいことだと思う。

ユーロの問題は、フランスとドイツだけで解決できるとは思えない。


posted by mimichan at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。