2011年04月07日

中国ドラマ「朱 元璋」は、かなり面白そう!!

チャンネル銀河で、始まった中国ドラマ「大明帝国 朱 元璋」。
第一回目の5分遅れくらいから、見始めました。
最初の出だしを録画できてなかったのがとっても残念。

朱 元璋が、語る形式で物語が進んでいます。
おそらく、皇帝となった朱 元璋が、最初に登場して、回想する形なのでしょう。

私が、見始めたのは、朱 元璋が子供のころ、ひどく貧乏で、両親は餓死したとされていますが、ドラマでは、貧しさのあまり自殺したことになっています。

朱 元璋は、牛の番をさせられていて、おなかがすいている仲間の子供たちのために、自分が叩かれてもいいから、牛を食わせてやるといって、みんなで牛を殺して、焼いて食べます。

その時の仲間が、朱 元璋の家来となるというストーリー。

寺に預けられ、水汲みの仕事をしながら、成人します。

そして、故郷の村で挙兵していた、紅巾の乱の郭子興の軍に参加し、郭子興の養女を妻にします。

とっても面白いです。
なんと、主人公役の俳優が、「天龍八部」でも主人公を演じていたとか。

大明帝国では、はげ頭で登場したので、同じには見えませんでしたが。

天龍八部もおもしろかったですし。。。

かなり面白そうです。
しかし、キャラクターは天龍八部とは全然違います。

ドラマの中のキャラクターと、実際のキャラクターはまたかなり違うかもしれません。

ドラマの中では、仲間を大切にするキャラクターですが、実際は、部下を次々に粛清し、五万人も殺してしまったとか。

子供時代の話をキャプチャーしました。

shugenshouA1.png

shugenshouA2.png

shugenshouA3.png

shugenshouA4.png

shugenshouA5.png

shugenshouA6.png

shugenshouA7.png

shugenshouA8.png
ラベル:朱 元璋
posted by mimichan at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。